Archive for the ‘未分類’ Category

人の力では難しい   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

未来の受注予測や売り上げ予測ほど難しいものはありませんよね。また、顧客となる見込み顧客が望んでいるもの、タイミングの良い営業など、人の力だけで分析することはとても難しいと言います。

こういった人の力で難しいことを、これからはAIが変わってやってくれると。。ちょっと怖い気もしますよね^^人の仕事をAIに奪われてしまいそう。そのうち人間の仕事はすべてAIに乗っ取られるのでは?と懸念する人も多いようですが、そこは間違い。人が居なくてはAIの本領は発揮できない、こういった感覚が大事なんですね。

AIを使えば、過去の取引、相手の様々な状況をすべて含んだ上で分析をすることができます。これによって、確度の高い分析結果を得ることが可能となるんです。未来の受注予測や売り上げ予測、これまで人の力では当たりはずれがあったことが、当たりの確率が上がることで、業務は効率化、無駄の排除もできます。

最新のSFAにはこういったAIの搭載も当たり前になっていますから、まずはお試し期間のあるSFAを使ってみても良いかもしれませんね。

参照URL

Written by admin on 2月 14th, 2019

スマートフォンなどのモバイルデバイス端末のセキュリティ、アプリケーション制限   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用する場合、mdmなどの端末管理ツールを用いてモバイルデバイス端末を一元管理して業務利用を図るのが一般的となりつつあります。
mdmによって管理されたスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末はセキュリティ対策がしっかりと行われており、セキュリティだけではなく、資産管理やアプリケーション管理などの機能もあるので統括した管理が可能になります。
アプリケーション管理に関しては企業でモバイルデバイス端末を利用する場合、一般的には著作権や使用権の問題から、ソフトウェアの開発元不明のアプリケーションに関しては利用制限を設けるケースが多いので、アプリケーションの利用制限は行った方がよいといわれています。標準的なスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の攻撃を考慮した場合には、メールやWebアクセスの出口対策をしっかりと行う必要があるでしょう。

Written by admin on 2月 12th, 2019

AppleIDの取得が必要なくなるVPP   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

AppleIDはスマートフォンやタブレットなどのApple社のiOS端末でアプリをダウンロードする時に必要になるIDです。組織的に10台以上の複数のモバイルデバイス端末に一括で同じアプリケーションをインストールして配布する場合には、AppleIDが大量に必要になり運用上非常に困難になります。
AppleIDは個人単位で取得するものと想定されていて、アプリケーションはAppleID単位として購入、配布がされます。そのためデバイス単位への割り当てができませんでした。
このAppleIDの取得は大量のモバイルデバイス端末を導入する際に大きな問題点となっており、管理者としては手間がかかります。
そこでApple社では企業の負担を軽減するために、VPPにおいて一括購入したアプリケーションをデバイス単位で割り当てる方法を解禁したのです。VPPとはVolume Purchase Programの略であり、大量のモバイルデバイス端末を導入する時、mdmを導入する時には必ず利用したいサービスとなっています。

Written by admin on 1月 30th, 2019

早く言ってよ~   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

顧客名簿を完成させるまで、一体どれだけの時間と労力を必要とするでしょう。CRMを活用するには、まず、顧客名簿の完成が必須条件となります。

ただ、名簿作りの前からすでに戦いは始まっています。全社を上げて名簿を集め、そこから必要なもの、要らないもの、この振り分けを行う。この作業にも多くの時間がかかり、そこからの名簿作り。疲労困憊、という声もよく聞きます。でもこの部分をきっちりと行わなければ、CRMは効果を発揮できないため、気の抜けない作業となります。もし、入力ミスを行えば・・。あぁ、考えたくもありませんよね。

そこで名刺管理のツールとの連携です。え?知りませんでした?CRMと名刺管理ツールを連携させれば、ツールで名刺情報をスキャンし、自動でデータ化。それをCRMに送れば、手入力なんてする必要が無くなるんです。

会社によっては、CRMを導入せずに名刺管理ツールのみで顧客情報を管理しているところもありますからね。「早く言ってよ~」という言葉が聞こえてきそうですね^^

営業支援システム

Written by admin on 1月 30th, 2019

Appleやマイクロソフトも参入するmdmソリューション   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

mdmソリューションは様々なメーカーからたくさんの商品が登場しています。日本国内におけるmdmソリューションサービスもあれば、全世界で対応している海外のmdmソリューションもあります。
またマイクロソフトやApple社もmdmサービスに参入してきています。マイクロソフトではMicrosoft365businessで中小企業のWindows端末をターゲットとして、officeの利用や、リモートロックやリモートワイプ、アプリケーションの配布、モバイルデバイス端末の利用制限などのセキュリティ機能を提供しています。
マイクロソフト社だけではなく、Apple社においても同様にmdmツールに参入してきています。AppleではApple Deployment programの一環として、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入、構成を効率的にコントロールしているDevive enrollment programやmdmの自動登録、ボリューム購買によるアプリケーションの購買・配布、ファイルの共有や連絡同期、VPNの提供などがスムーズに行えるようになります。

Written by admin on 1月 21st, 2019

どんどん溜まる?貯まる?   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

どちらでしょうね^^名刺はビジネスマンを続けていれば、どんどん増えていきます。この増えていく名刺を溜まると言うか、それとも貯まると言うか^^あなたはどちらですか?どうせなら貯まると言いたいですよね。

そのためには、きちんと名刺を管理しておく必要がありそうです。名刺の管理ツールは今やビジネスマンにとっては必須のものとなっています。名刺の交換をしたら、その日のうちにスキャンしデータ化しておく。あとはツール内で人脈が作られたり、人事の変更なども自動で更新されていきます。こんなに便利なツールがあって良いの?と思えるようなツールですよね。

自分が関わることができない人物の名刺情報なども手に入れることが可能となりますから、やはりここは貯まる、と言いましょうね。

Written by admin on 1月 16th, 2019

使い勝手の良さが普及を後押しするbyod   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

byodは急速に広がっており、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の業務での導入においてbyodは一般的となりつつあります。
byodは個人が所有するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを、会社の業務でも使用する導入方法であり、多くのメリットがあります。
メリットがある反面、いくつかの課題もあり、それらの課題をクリアにすることで、byodによる業務活用が円滑に進んでいくでしょう。
byodのメリットはいくつもありますが、最も大きい利点となるのが使い勝手の良さです。適切に実現されれば、会社支給のモバイルデバイス端末を利用するよりも、個人が所有しているモバイルデバイス端末を業務に利用した方がメリットが多いで。
まずメリットとしてモバイルデバイス端末や通信コストを低減することができます。特に初期導入費用のコストカットにつながるので、企業側としてはモバイルデバイス端末の導入がしやすいでしょう。

Written by admin on 1月 11th, 2019

あらかじめ設定しておくと   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

SFAの入力が面倒、入力する必要があるの?と、営業マンが思ってしまっては、すでにSFAの導入は失敗と言っても過言では無いでしょう。頑張って使い方をマスターしたとしても、それが継続できなければ何の意味も持ちませんからね。さんざん苦労して覚えても、使いこなせなかった、こんな営業マンも多いはずです。

しかし、このような苦労を一度経験したあとで、上司の方がSFAに一工夫することで、劇的にSFAが使いやすくなり、営業マンたちも喜んで受け入れてくれる方法があるそうなんです^^それは、あらかじめ設定しておくこと。何を設定するのかと言うと、簡単です。入力項目を設定しておくんです。上司が知りたい情報、毎日、あるいは毎週作成する資料の情報、これらを、テキスト形式で入力してもらうのではなく、項目、数字を設定しておき、営業マンはこれらの項目の中から該当する項にチェックを入れるだけ。

こうすることで、営業マンの入力負担は激減しますし、上司もだらだら書かれたテキストから欲しい情報を見出す手間も省けますよ^^

https://ksj.co.jp/knowledgesuite/service/crm-point.html

Written by admin on 1月 1st, 2019

リピート率がカギに   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

SFAを導入しようとしている時、必ず目標を立てることが重要だと言われています。目先の目標、1年後、5年後、10年後と、いくつかのスパンの中で、自社ではどのような成長の仕方をしていきたいのか、それがたとえ夢のようなものと言われても、目標を立てそれに向かって邁進することで、現実のものになるかもしれませんからね。

企業では、目標に向かって成長するためにリピート率が大きなカギとなります。SFAによって新規顧客を獲得できた!これで終わってしまってはいけないんです。まだまだその先がある、だからこそ頑張れるのだと思いますね。

1度購入してもらったら、その後さらに定期購入、アップセルなど顧客の興味が絶えることなく、次々に施策を実行し、飽きさせないようにすること、そして定着してくれるようにしていくことが大切なんです。

そんな先のことまでわからないよ!と言わずに、一度社員全員とコミュニケーションを取って、10年後の会社の在り方を論じてみるのも良いかもしれませんよ^^

Written by admin on 12月 21st, 2018

mdm導入の必要性   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入、利用する場合、mdmによるモバイルデバイス端末の一括管理はもはや当たり前の状況になってきています。
そのため、多くの企業ではモバイルデバイス端末を導入する際に、同時にmdmツールの導入も行ってしまうケースが大半でしょう。
まずmdmツールはモバイルデバイス端末を管理するソリューションになりますが、その機能は様々です。一番大きな機能、有名な機能としては簡単に実現できてしまうセキュリティ対策、機能があります。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は、セキュリティリスクが高いです。携帯性に優れていて、持ち運びをするモバイルデバイス端末は紛失、盗難のリスクも高く、常に情報が外部に漏れ出てしまう危険性をはらんでいます。
そこでmdmソリューションによって、遠隔操作からのモバイルデバイス端末のロックやデータ消去をおこなえば、クリティカルな事態を避けることが可能でしょう。

Written by admin on 12月 19th, 2018