Archive for 4月, 2019

よく考えられたコマーシャル   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

最近、名刺の管理ツールのコマーシャルがまた見られるようになりました。同じ会社の名前のようで、実は漢字が違い、また業種が違っていた。社長さんが「その会社の名刺持ってるかも」と言って取り出したところ、漢字違いでトホホ・・といった内容ですよね。

これって現実にも起こりうることで、お互い会社の名前部分しか口頭で言っていなくて、それが別々の会社を意味していたり、同じであってもどちらかがこのコマーシャルのように勘違いしていたり。こんな時にはやはり名刺の管理ツールを使って正しく情報を蓄積していくことが大事なようです。

二重にひとつの会社情報を管理してしまうと、次に情報を入力する際に一方には入力できていなくて、どちらが本当に信じて良いのかわからなくなってしまいます。また、先方の会社に対しても情報不足のまま取引するのは非常にばつが悪いですからね。

よく考えられたコマーシャルです^^

Written by admin on 4月 20th, 2019

話題のGoogleレンズ   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

これまでのカメラ機能の上を行く?と言われている話題のGoogleレンズ。名刺の管理ツールを使っている方ならわかると思いますが、結構ミスも多いのがこういったツールですよね。なので、定期的に名刺情報を確認することも大事になってきます。

認識機能が向上したこのレンズを使ったスマホであれば、そんな確認作業もなくなるのか・・というと、そうでもないようです^^「識別能力は100%ではない。」とありました。やはり、珍しいフォントを使っていたり、デザインが凝っていたり、レイアウトが変わっているものは、読み取れない可能性も高いんだそうです。

これは私個人の意見なのですが、今後、名刺の管理ツールはより重要になってくるでしょう。そのための対策として、名刺を作る際に専用のURLを設け、統一した規格に名刺情報を保管しておく、というのはいかがでしょうかね^^

Written by admin on 4月 9th, 2019

導入事例が増えるmdmによる端末管理   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

mdm導入事例は企業だけではありません。小学校や中学校、塾などの教育機関においてもタブレットなどのモバイルデバイス端末が活用されるようになりmdm導入が進められています。
mdm導入事例においては、モバイルデバイス端末の盗難、紛失時の対策としてリモートロックやリモートワイプなどの遠隔操作機能が大活躍します。データ保護のための暗号化機能、不正利用対策としてのデバイス端末利用制限機能、遠隔監視、遠隔ポリシー設定・実行機能、資産管理機能などそれぞれのモバイルデバイス端末管理機能が要求されています。
教育現場においては、生徒が端末を自由に使用できないようにデバイス制御や暗号化することが機能として求められています。
mdmを用いることで、大量のモバイルデバイス端末の管理もスムーズに行えるようになるでしょう。mdmのポリシー設定、パスワードのポリシー設定をすることで、外部からの情報流出を未然に防ぐことにつながります。

Written by admin on 4月 5th, 2019