通信方式によるmdmの比較   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

mdmは今や導入するのが当たり前となりつつあります。企業や学校などの教育機関で大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、それら全てのモバイルデバイス端末を円滑に管理するのは非常に大変です。そこでmdmツールを用いて一元管理してしまうことで、モバイルデバイス端末の現状や資産管理、アプリケーション管理などにもつながるのです。
mdm市場の拡大に伴い、日本国内だけでもmdmを提供するベンダーは増えています。数あるmdmの中からどのmdmを選ぶかは、通信方式やサービス、機能などを比較するとよいでしょう。
mdmの通信方式を比較してみると、プッシュ方式とブル方式があります。ブル方式煮はボーリング方式があり、モバイルデバイス端末側のエージェントが一定間隔でmdmサーバへ問い合わせすることで制御コマンドを発酵するタイプの通信方式になります。プッシュ方式には電話着信方式などがあります。電話着信方式は事前に登録された特定の電話番号から、管理している対象のモバイルデバイス端末が一定時間内に一定回数の着信を受けた場合に、その端末を制御する仕組みです。

Written by admin on 3月 26th, 2019

Leave a Reply