売れているものが望んでいるものとは限らない   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

市場を調査し、顧客の属性情報から、その顧客が望んでいると思われる商品を紹介する。きっと顧客は「これが欲しかった!」と喜んでくれ、商品を購入。そして自社の情報提供に満足してくれて、今後も自社での商品購入をしてくれるだろう。・・顧客のニーズを探り出し、最適と思われる商品を紹介したつもり。でもこれはかなりの賭けですよね^^

本当にニーズに合っていることは何パーセントの確率なのでしょうか。他の人が気に入って何度も購入していた商品だったとしてお、それが目の前にいる顧客が望んでいるのかどうか、それは属性情報からだけでは見つけることはできません。もっと深く、顧客についての情報が無ければ本当のニーズってわからないものです。

とくにネットが普及したことで、人々の関心や興味は異常に幅広くなってきています。これに対応できるだけの情報、そして分析力が必要となるんです。

CRMがあれば、こういった顧客のニーズの掘り起こしも効果的に行うことが可能です。

営業支援システム

Written by admin on 12月 9th, 2018

Leave a Reply