mdm導入によるウイルス感染防止   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

モバイルデバイス端末導入に伴い、mdmツールを用いて一括管理する企業は多いです。mdmツールを用いて管理することで、遠隔操作によるセキュリティ対策の強化につながります。
遠隔消去と組み合わせて使用する対策として、mdmソリューションでは画面ロック機能、ローカルワイプ機能、データ暗号化機能、仮想デスクトップ機能などがあります。
画面ロック機能ではパスワードを入力しないと操作できない機能であり、モバイルデバイス端末自体でも設定が可能です。またローカルワイプ機能では利用者がパスコードを一定回数間違った時に、データを消去する機能です。データ暗号化機能では、保存されているデータを暗号化して、カンタンに読み取れないようにする機能です。このようにたくさんの機能と組み合わせることでスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のセキュリティ強化につながります。
またmdm導入によってウイルスプログラムのインストール防止対策にもつながります。
ウイルスに感染してしまうとそこから情報流出の可能性が出てしまいます。mdmツールではウイルス感染を防ぎ安全なモバイルデバイス端末利用につなげてくれるのです。

Written by admin on 9月 8th, 2018

Leave a Reply