CRMのデータを活用した広告で   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

すでに私たちがインターネットを使っていると、勝手に広告が表示されるような仕組みとなっていますよね。これがCRMを使ったアドレサブル広告。

私たちユーザーが知らないところで、私たちの属性、購買履歴、閲覧履歴はCRMに蓄積されています。これは、各種サイトに入った時点でデータとしてどんどんサイト内、あるいは分析ツールで溜められ、ユーザーが次にどんなものを欲しがるのかをAIなどで分析して、広告として表示されているんですね。

今、また活況を帯びつつある不動産の業界においても、このアドレサブル広告が注目されているそうです。一度に大きなお金が動くので、CRMが役立つのか?とも思うんですが、不動産の購入だけではなく、その後の建物や施設のリフォームなどに役立てることができるんだそうです。

そっか、不動産を販売した時点で、その業者の対応が良ければ、その後何かあった時に、またその業者を使おうと思いますよね。信頼関係が一度出来上がっていますから。そこに、タイミング良く広告が目に付けば・・^^

Written by admin on 8月 30th, 2018

Leave a Reply