スーパーでも一人一人のお客様に   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

私が知っているドラッグストアでは、お店の入口付近にある機会にポイントカードをかざすことで、その日お得になる商品のクーポン券を、自分が欲しいものだけ印刷することができるシステムがあります。ここでは、CRMは使われていないと思われますが、CRMを活用することでより確度の高い販売を行うことが可能になるようです。

たとえばスーパーのレシートです。あるスーパーでは、CRMによって導き出されたデータにより、顧客ごとに違うクーポン券が配布されるとのこと。

商品を購入するとレシートをもらいますが、その上部にクーポン券が印刷されていて、その部分は客全部に同じものではなく、一人一人のお客様ごとに違う商品となっているんだそうです。いつも買っている商品だったり、それに近いものがクーポン券として印刷されているため、その利用率は3割から4割ほど。

え?それくらいの利用率なの??と思ってしまいましたが、スーパー側からすれば上々の出来なんだそうです。顧客の方も、いつも買っている商品が安くなるんだったら使いますよね^^クーポン券。

Written by admin on 6月 15th, 2017

Leave a Reply