CRMがもたらすメリット   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

CRMには多くのメリット、デメリットがあるとされていますが、意外に知られていないのがリアルタイムに顧客情報が入手できること、これが挙げられていないことなんです。

顧客情報が蓄積されることで、CRMが営業に役立つことはわかっていますが、それがリアルタイムであること。ここがポイントなんですね。なぜリアルタイムが重要であるのか、それは、顧客が今どのようなことに注目しているのかがはっきりとわかるからなんです。

営業には新規開拓と既存の顧客会社という、2つの枠がありますが、多くの営業マンは新規開拓を求めて毎日歩きまわっていることでしょう。ところがある専門家に言わせると、新規よりも今目の前にいるお付き合いのある顧客の動きが重要なんだと。既存の顧客をもっと大切にと言っているんです。

そこでCRMから見えてくる既存の顧客の情報をリアルタイムに確認し、次の営業に活かすことで新しい商談が成立する可能性が高くなる!というわけなんですね。

sfa

Written by admin on 11月 18th, 2016

デジタル・ネイティブの強みを活かせ!   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

1990年代後半に生まれた世代をデジタル・ネイティブと呼びますが、彼らの強みを営業活動に活かすことがこれからの営業には重要です。

昭和世代の営業活動は職人の世界と同じで、先輩の営業を見て盗め、勘と経験が大事!というものでした。この時代は業界内の競争もあまりなく、シェアを独占できる状態でもありました。

でも今の時代は様相が全く変わり、同じ業界内で同じような商品やサービスを行う会社ばかり。その中で商談をまとめるのは非常に難しくなってきているんですね。

そこで注目されているのがSFAなどの営業支援ツールなんです。人の手ではなくてITの頭脳、情報分析力を活かした営業を行うことが、これからの時代には必要になってきているんです。

ただ、昭和生まれの世代ではITへの拒否感、苦手意識が強いもの。そこで、デジタル・ネイティブ世代が彼らの強みを活かしてその世代なりの営業方法を確立していくことが、これからの営業の形になるんだと思いますね。

KnowledgeSuite

Written by admin on 11月 6th, 2016

30日間無料のお試しが可能   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

オンラインショップや通信販売を行う会社のためのCRM、顧客管理システムが最近多く提供されていますよね。ネット上でのショップって、顧客の声は購入後に入ってくることはありますがそこまで。リアル店舗であれば購入時の声、態度、その他目で見る情報も入ってくるものですよね。

まぁ、顧客情報として住所や氏名、年齢、性別などは仕入れることができても、どのような経緯でその商品を購入し、次にまたその客が購入しに来てくれるのかも全く予想がつかないものです。そのため、このようなシステムが重宝されているんでしょうね。

7月に提供がスタートしたBOOSTEC(ブーステック)も、「リピート顧客の行動を詳細に把握できるようにし、導入企業は収益改善につなげることができる。」というもの。

最初にかかる費用は無料ですが、その後毎月5万円ほどの利用料金がかかるようです。これは安いシステムではありませんよね。導入しても効果が得られなければ意味が無いし。なので、まずは30日間無料お試しを利用するのも良いですね。

Written by admin on 10月 22nd, 2016

受注業務がうまく回らなくなって・・   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

同じ取引先にいつも同じ営業担当が訪問し、特に何の注文が無くても御用聞きをしたり、情報をもらうために足しげく通いライバル会社の外に出ていない話しをきいたり・・。こんな人が日本ならではの営業マンですよね。

しかしこのような営業マンは退職していく年齢になってきています。退職する方は立つ鳥跡を濁さず、で綺麗にそれまでの仕事を片付けて辞めてしまうようですが、後に残った担当者は大変な苦労を味わうことがあるそうです。それが受注がうまく回らなくなること。。

それまで取引先との関係が深いからこそできていた受注業務も、担当者が引継ぎをやっていても足りていない業務、見えない業務があるんです。

属人的と言われるこのような営業手法を続けていると、今の時代では業務は破たんしてしまいます。引継ぎをする担当者の負担を考えると、そしてほかの社員がいつ引継ぎをしても受注業務が回るようにすること。これを可能にするのがCRMなんです。顧客情報から企業対応まですべてを可視化し、誰もが受注業務を行える。今の時代に求められるのはこのような営業手法なんです。

https://knowledgesuite.jp/service/sfa-hikaku.html

Written by admin on 10月 19th, 2016

Excelの顧客管理から脱却   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

顧客管理をExcelで管理しているという企業は少なくないでしょう。確かにExcelは皆が使える便利なツールですが、データ集計に時間がかかるため、ビジネス全体のリアルタイムな現状把握が困難といえます。取引先や得意先への対応も遅れがちになってしまいますよね。「ビジネスはスピードが命」といわれる近年、これは大きな課題だと思います。米国産タバコの輸入・販売を手掛けるサンタフェ ナチュラルタバコ ジャパン株式会社は、『Salesforce』を導入し、顧客管理や営業に関するさまざまなデータを日々蓄積しているそう。それまで同社でもExcelを使っていたそうですが、営業担当者の数が30人、50人になり、管理がお手上げ状態になっていたのです。Salesforceを導入してからは、蓄積した顧客情報をもとに的確できめ細かな対応が可能になり、営業の進捗状況もリアルタイムに見える化できるようになりました。営業担当者が今何をしているのか分かるので、適時&的確な指導が可能となり、お客様対応のスキルが向上したのだとか。Excelには限界があります。顧客管理に課題を感じているなら、SalesforceなどのSFAやCRMを検討してみても良いかもしれませんね。

Written by admin on 9月 14th, 2016

クーポンの利用率が上昇   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

早速CRMの効果が発揮されているそうです。全国に展開しているうどんのお店、はなまるうどんが「メルマガを停止し、モニプラで構築したはなまるうどん ファンサイトにCRM施策を全面移管したと発表」したそうです。

メルマガ会員が3万人いたとのことですが、メルマガというツールに限界を感じていたと。私はメルマガを配信される側ですが、もしメルマガ登録していたとしても役に立たないと思ったらすぐに解除したり、読まないケースがほとんど。私のような人は多いと思われるため、企業が限界を感じるのは当然ですよね。

そこで、モニプラを使ってのファンサイトの開設、そしてCRMの基盤にもしているとのことです。移管している最中にはキャンペーンを開いたりSNSなどのアカウント、会員への再登録を促したそうで、それまでのアクティブ会員の3割近くを上回る人が登録したとのこと。

移管後の成果として、メールによって配られたクーポンの利用率が2%→6%に上がったそうです。

Written by admin on 9月 4th, 2016

顧客情報がその後の戦略を見出す原材料に   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

顧客を足止めする、長くその企業の製品を使ってもらう、そんな思いが強い企業ほど利用率が高いのがCRMですよね。このCRMでは顧客への「商品・サービスレベルの向上、適確な情報提供、コミュニケーション、価値あるキャンペーン等の実施」などが行われます。アドバンリンクという会社でこのようなことが紹介されていたのですが、みなさんも体験されたことがあると思います。

一度しかネットで商品を購入したことがないのに、そのショップからメールがくる、お買い得商品のキャンペーンがくるなど。これがCRM戦略なんですね~。

ショップとしては、購入した客の年齢や性別、居住地、そして何を購入したのかなどの情報を蓄積していき、今後どのような商品を購入するかを分析、おすすめすることで、継続的、安定的な関係を築いていこうとしているわけです。多くの人は、このおすすめされた商品を見て、「なんで私が欲しかったものがわかったの?」と思った人もいるのでは?^^これが顧客情報分析の賜物なんですよ!

SFA(営業支援システム)比較

Written by admin on 8月 26th, 2016

情報セキュリティを蔑ろにする日本の企業たち   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

ITとひと言でいっても、IoTやビッグデータ、クラウド、SNS、FinTech、スマートフォン、マイナンバーなど…様々なキーワードがあるものです。日本の企業はそういった「目に見えて新しいモノ」に投資をしたがる傾向にあるそう。「ビッグデータを活用して売上が20%アップした」とか「認知度がスマホアプリで業界トップになった」とかいった話をよく聞きます。結構な話ですが、そこで蔑ろにされがちなのは情報セキュリティの問題です。情報漏えいや内部不正、標的型メール攻撃、サイバー攻撃など企業は様々な事象に対応しなければなりません。が、こうした状況にあっても、なお他人事で気にしない企業があまりに多過ぎると思います。以前起きた日本年金機構での事件は氷山の一角なのではないでしょうか?むしろ日本年金機構はそれに気が付いた点で、気が付かない企業よりはマシといえるのでは?実際に1000社以上の企業が被害に遭い、情報漏えい件数は2万を超え、被害額は1000億円規模にも関わらず、意識が低過ぎるのではないでしょうか。情報セキュリティというのは変化が激しいと言われている近年…新しいモノばかりに投資をするのではなく、目には見えない従業員の教育&スキルアップ&モラルアップの方にもっと投資をして欲しい。情報セキュリティは企業を守るだけでなく、成長に導く戦略的な投資にもなるのですから。

Written by admin on 8月 6th, 2016

3年後、5年後に活躍しているかを分析   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

このツール、本当に良いツールなんですかね^^ビズリーチという会社が戦略人事のシステムを発表したとのこと。名称は「HRMOS(ハーモス)」というそうです。HRMOSは「採用した社員が3年後、5年後に活躍しているかを分析できることが特徴」とのこと。このシステムを利用することで、会社側としては活躍できそうもない人材は採用しない!ということなんでしょうね^^怖いわ~~。

会社としては確かに「使える」人材が欲しいのは当然ですよね。それを応募の段階から社員候補の情報を一元管理し、面接時の評価などもプラスしてグラフ化するとか。。いくら採用試験を頑張っても、このシステムによって振り落とされる学生がた~~くさん出てくるんでしょうね。

また、ビズリーチはセールスフォース・ドットコムと資本・業務提携したそうです。セールスフォースと言えば営業支援ツールが有名ですが、このツールと従業員の情報、そしてHRMOSを連動させていくことも今後行っていくそうです。

https://knowledgesuite.jp/service/sfa-ryoukin.html

Written by admin on 7月 10th, 2016

見る側も楽しいSNS   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

日本では法人向けのスマートフォンとして市場を拡大しているWindows 10 Mobile搭載スマホ。このWindows 10 Mobile向けInstagramアプリが先月下旬から正式に公開されたそうです。

InstagramってFacebookが傘下におさめていること、知ってました?Facebookはすでに若い人たちの間では古いもの、扱いにくいものになっているようで、FacebookとしてはInstagramを傘下にすることで、生き残りを賭けていたのでしょうね。ただ、あるテレビニュースではInstagramでさえもう古い・・と言っていましたが^^

で、Windows 10 Mobile向けのInstagramアプリですが、自分の写真をアップするというようりも、自分が注目している芸能人や、素人の中でも面白い、あるいは美しい写真を投稿する人のインスタを見ている、という人が多いのでは?と思いますね。

写真を通じたSNSですし、フィルターをかけることで「素人でも簡単に印象深い作品へ加工して投稿できる」という点が、見る側も楽しいですよね。

Written by admin on 6月 23rd, 2016