あとあと便利なことがたくさん   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

SFAには毎日の活動を報告する機能があり、その記録があとあと役立つように作られています。

日々の営業の活動報告は、それらと一緒に使っていたスケジュール管理や案件管理と紐づけされているので、半年くらいあとになって以前商談をしたことのある会社の情報が知りたい場合、すぐに資料の作成ができるんですね。

もしこれが紙の報告書で作られていたら・・。まず、会社ごとに振り分けられた、あるいは営業マンごとに振り分けられた紙のファイルの中から会社名を探し出し、それらをすべてチェックしながら実際に対応した営業マンを見つけ出し、案件の情報をコピーする。それらをすべてとりまとめて一つの資料に作成。ここまでに一体どれだけの時間と手間がかかるのでしょうね。SFAに活動報告が全て入力されていれば、一瞬のうちに調べたい軸で構成された資料ができてしまうんです。

情報共有や情報の透明化がSFAでは大きなメリットとして取り上げられますが、あとあとこんなに便利に使えるということも知っておくと良いですよ!

sfaとは

Written by admin on 3月 31st, 2017

スマートフォンの内線化で機会損失を防ぐ   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

スマートフォンは利便性の高さから、ビジネスシーンでの利用が当たり前になりましたよね。しかし内線転送や保留応答、一斉鳴動などといったこれまで当たり前に使っていた基本的な機能が使えず、「担当者が外出中で電話対応できない」「連絡が遅れる」など相手先を待たせしてしまうコミュニケーションがいまだにあるそう。それが原因で知らぬ間に機会損失になっているケースもあるでしょう。それをクラウドサービスとスマートフォンの活用で解消する方法があります。それが「クラウド型PBXによるスマートフォンの内線化」です。たとえばNTTコミュニケーションズが提供している『Arcstar Smart PBX』がこれに当たります。手持ちのスマートフォンに専用アプリをインストールするだけで、内線転送などをあたかもオフィスのビジネスフォンのように利用できるという。オフィスの固定電話から内線としてスマートフォンへコールできるし、スマートフォン間の通話も内線通話として利用可能なんですよ。内線での通話料金は無料だから、コスト削減にもなりますよね。Arcstar Smart PBXなら少額で1IDから導入できるので、小規模から始められます。スマートフォンをもっと活用したいと考えているならば、検討してみて損はないでしょう。

Written by admin on 3月 29th, 2017

スマホとパソコンを手間なく簡単に接続できるアプリ   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

iPhoneから会社のパソコンにリモートアクセスして、仕事を進めたい…こう考えているビジネスマンにオススメのアプリがあります。それが『Splashtop Personal – Remote Desktop for iPhone』(360円)です。これさえあれば、荷物になるノートパソコンを持ちあるかなくて済みますよ。さらに操作もスムーズで快適なので、ストレスなく作業がサクサク進むでしょう。接続もユーザー名とパスワードを入力するだけなので簡単なんです。しかし会社のパソコンにアクセスするならセキュリティ面が心配ですよね。その点もこのアプリなら、優れた暗号化技術でデータの流出を防ぐことができる“Bridging Cloud”というものを独自に構築しているから、安全にデータを管理できるんですよ。またプレイベートでも、自宅のパソコンを自由に閲覧可能なので、パソコンに保存してある音楽や動画、ゲームを外でも楽しむことが出来ます。仕事でもプライベートでも大活躍してくれそうですね。

Written by admin on 3月 9th, 2017

『Sansan』と『Marketo』を連携させている事例   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

近年、名刺管理ツールを活用し、マーケティングや営業活動に役立たせている企業が増えているそうです。クラウドでプライベートDMPを提供しているトレジャーデータ株式会社もその一つ。同社は、クラウド型名刺管理サービス『Sansan』と、マーケティングオートメーションツール『Marketo』を連携することで、オンラインのみならずオフラインのリード化も行えるようになり、効率的なリードナーチャリングを実現させているそう。リードの価値の最大化ができるようになれば、当然ながら成約率も向上しますよね。実際には、Sansanでリアルな接点を記録し、Marketoでウェブ上の動きを追ってスコアリングしていくという流れで活用しているそうです。2つを組み合わせることで、無駄な動きが減り、高速でPDCAを回すことが可能になっているのですね。名刺管理ツールにマーケティングツールやSFAなどのシステムを連携させると、相乗効果でより良い営業戦略が可能になるという事例だと思います。今や名刺管理ツールは、名刺を企業の資産に変えるキーワードとなっているということでしょう。

Written by admin on 3月 1st, 2017

SFAを使っても受注は増えませんよ!   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

SFAという最先端のシステムを導入したところで、すぐに受注が増えるわけがない。。痛い話しです。

SFAは案件の管理、営業活動などの管理も一元化して、その情報をグループ全体で共有化できることが最大のメリットですが、そうなるまでには営業マンの「入力作業」という毎日の努力が必要になってくるんですね。

導入時にはきっと、営業マンにとって仕事の効率化ができるから!と言われることも多いでしょう。しかし、蓋を開けてみれば入力作業に時間を取られて行きたい営業に行く時間が少なくなる。パソコンの画面を見ていたら「早く営業に行け!デスクで休んでる場合じゃないだろ!」と怒られる始末。。案件や営業活動の管理ではなくて営業マン自体の管理ツールみたいになっているわけです。

そうならないよう、管理者がツールについての理解を深めるとともに、営業マン個人が行ったことに対して正当な評価を示すこと、これがとても大切であり、モチベーションを上げるきっかけにもなるんだそうです。SFAを使うだけでは、受注は増えないんですね。。

Written by admin on 2月 9th, 2017

さらなるメリットを得られるかもしれません   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

営業にはスピード感も必要ですが、そのスピードをアップさせるためにも、目標の進捗状況が一目でわかればモチベーションもアップできそうですよね。今、目標となっている数値のこの辺まで来ているから、今月残りの日にちでここまで持ってこよう!とか、営業担当者自身が管理者に指示されなくても動く気持ちになりそうです。

SFAにおいてはそれがリアルタイムで状況が上がってくるため、マンネリ営業からの脱却も可能になりますよね。SFAではダッシュボードでそれらを確認でき、グラフ化して目でサッと見やすい状態にできるので、それらを会議資料に使えば会議もし易いはずです。

これだけのことを営業マンが実行できていれば、管理者はそれぞれの営業マンへのアドバイスや商談方針の修正など、管理者にしかできない仕事に徹することができるため、営業マン、管理者ともに本来の仕事に打ち込む時間を十分に確保できるでしょう。

SFA導入のメリットはよく知られていますが、本格運用できるようになればさらなるメリットが得られるわけですね。

Written by admin on 1月 31st, 2017

何でも現場が大事   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

刑事ドラマではありませんが^^ビジネスの世界でもやはり大事なのは現場。現場で何を行い、何が起きているのか、これを営業担当者だけでなくそれを管理するマネージャー、そして社長も知っておく必要があるんだそうです。

例えばCRMの導入に関しても。CRMの導入を決定するのは社長。CRMを取り入れることで既存顧客を優良顧客に育成、さらに見込み客をできるだけたくさん取りこむ!これらの目的から導入する会社も増えてきています。

が、社長とマネージャーだけの判断でCRMを導入しても、実際にそれを活用する営業担当者がその選定から漏れていれば、活用、運用は破たんしてしまう可能性もあるそうです。

CRMの活用はうまく行ったとしても、そこから得られた情報を元に動くのは現場。マネージャーが自信を持てる営業戦略を立てることができたとしても、現場の営業担当者が受け入れられないような内容であれば、何も無いのと同じですよね。

よく言われるのは、CRMの導入の際には、この現場の声を積極的に取り入れること。これが大事なことなんだそうです。

https://knowledgesuite.jp

Written by admin on 1月 28th, 2017

成功事例を紹介   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

ネットビジネスを行っている会社では、サイト内でそこの製品を活用することで成功した事例を紹介していますよね。バリューコマースにおいては、今月の16日にYahoo!ショッピングでの成功事例を紹介したサイトを作り、アップしたそうです。

バリューコマースってアフィリエイトの会社だと思っていたんですが、主要株主がヤフー株式会社ということで、Yahoo!ショッピングにも関係していたんですね。

Yahoo!ショッピングでは、このネットモールに出店している店主に向けて、STORE’s R∞というCRMツールを使った事例なども用意しているそうです。

私はいつもこのようなショップで買い物をするばかりで、販売する側に立ったことがないので無知でしたが、販売する人たちもただお店に商品を並べていてもお客さんは来ないんですね。

検索上位に来るように工夫したり、初めて購入してくれた客にリピーターになってもらうようにメルマガやクーポンの配布を行ったり。このような成功事例を紹介したサイトも、とても役立つのでしょうね。

Written by admin on 1月 9th, 2017

捨てようと思っていた情報が   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

年末になると会社でも大掃除をするとろもあるでしょう。もう必要ないと思っている書類を処分したり、パソコンの中の情報も今では利用価値が無いから、と削除してしまおうかと。ところが、このように捨てようと思っていた情報が実は今後のマーケティングに大きな役割を持つ可能性もあるんです。なので、情報の削除は慎重を期してくださいね。

SFAといった営業支援システムを使っていれば、これはなお更です。営業案件など営業に関する様々な情報は、いわば会社の資産でもあります。長年に渡って営業を行ってきたからこその、営業マンたちの努力の証。この大事な資産をみすみす捨ててしまっては本当にもったいないことです。

大掃除でさっぱり身軽にすることも一方で大切なことですから、情報を処分する場合には今一度情報を精査して、捨てるようにしましょう。またその際には、情報を分割したり裁断して処理するようにすることです。捨てた情報を誰かが拾い、悪用されることも想定しておくことも大事です。

Written by admin on 1月 6th, 2017

営業活動管理をして成果を出そう   no comments

Posted at 12:00 am in 未分類

営業の効率化を図り成果をアップさせるために大切なポイントは、ズバリ『営業活動管理』です。特に個人個人の営業ではなくチーム単位での営業の場合、営業活動管理を行うことで、より成果を上げることができるんですよ。なぜなら営業ノウハウの蓄積や情報共有の必要ない個人営業と違って、チームで営業にあたる場合は、綿密な情報共有を行い、スピーディーに対応することが必要不可欠だからです。営業活動管理を行うことによる効果としては、「顧客情報の共有化により引き継ぎなどがスムーズに行える」「マネージャーはより適切な計画の立案と目標の制定ができる」「どこにテコ入れをすれば成果が出せるか分析することができる」「営業先が被ったり、違う担当者が同じ作業をするという非効率が減る」「ヒアリングなどを通してチームメンバーとマネージャーの信頼関係を築くことができる」などが挙げられるでしょう。ちなみに営業活動管理を行うツールは、情報共有が容易なSFAがオススメですよ。適切な営業活動管理を行うことで、営業の効率を上げ、成果をアップさせることができるようになります。成果を上げながら、より良いチームを目指してくださいね。

Written by admin on 12月 18th, 2016